フルPV集エンヤ(ロード・オブ・ザ・リングス他)

今や映画音楽やテレビでもBGMに使われているから、エンヤに興味のない人でも
聴いたことのない人は、まずない。本人の声をいくつも重ねて独特の癒しの音楽を
つくりだしてます。
色の出し方も独特で綺麗なため、CDを持っている人も一見の価値あり!
さわやかで秋にぴったり。

昔、学生時代の友人が「バイト先の会社に研修に来ているアイルランド人が、
『エンヤって良いよ』って言うんで聴いてみたら、本当にすごく良い」と言う
ので、彼からCDを借りて聴いたのが、最初。
そのころ日本でエンヤはそれほどメジャーではなかったかな?
でも、しばらくしたらあっという間に超有名になってしまった。
やっぱり、皆、癒しをもとめているんだなぁと思った。
良いものは良い。

米国ヤフーミュージック(要登録 米国ヤフーミュージックでただでフルPVを見る
http://hodohodo01.at.webry.info/200508/article_9.htmlを参照)
http://music.yahoo.com/ar-314416-videos--Enya
は4曲のみだが、
2曲目のMay It Be は「ロード・オヴ・ザ・リングス」、
3曲目のOnly Time は「スウィート・ノーベンバー」
のサウンドトラックヴァージョンになっている。
4曲目は、曲というよりインタビュー。

AOL
http://music.aol.com/artist/main.adp?tab=songvid&artistid=4197
12曲。
有名な、'Orinoco Flow' 'Shepherd Moons' 'Caribbean Blue'も見られる。
フルスクリーンにはできませんが....
AOLの方が、プレイヤーが軽いので、パソコンの負担も少ない。


シェパード・ムーン
シェパード・ムーン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エンヤはいつ生まれたのか?

    Excerpt:  私はエンヤのオリジナルアルバムを日本版ですべて持っています。  そのライナーノート(いずれもエンヤにインタビューして書かれている)のどれを見ても<u>1962年</u>生まれであることが分かり、その中の「She.. Weblog: MY QUILT GALLERY racked: 2005-09-06 19:34