大ブレイク直後までの倖田來未が好きです。

抜群の歌唱力と超セクシーファッションでテレビに出るようになってから、
大ブレイクした倖田來未。

ただ、大ブレイク後は、
若い女性スタッフを中心に脇を固め、
10代から20歳前後の女性を対象に売る、
という戦略に切り替えていた。

どうも、10代から20歳前後の女性に媚びる発言が多くなってきて以後、
あまり好きでなくなった(嫌いになった訳ではない)。

そして、
この10代から20歳前後の女性のみをターゲットにした売り方と、
倖田來未のフランクなしゃべりが、
「腐る」発言を引き出し、35歳前後の女性を敵に回すとともに、
人気者を引きずり降ろすのが大好きなマスコミとネットのバッシングを受ける結果になったのだと思う。
(本来は、ディレクターが、この発言をカットすべきなのだが)


大ブレイク前の倖田來未は好きです。

エイベックスは、決算対策のためか、同じ曲が多く入っているアルバムを何枚も出すので、
全部買おうなどとは思わないことだ。


ちょうどブレイク前後に発売された、
BEST ~first things~ (2CD)(DVD付)
BEST ~first things~ (2CD)(DVD付)
エイベックス・マーケティング
2005-09-21
倖田來未


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

(試聴用サンプルあり。ただしサビの前でフェイドアウトする。
また、評価はアンチが悪口を言うためにわざわざ書きまくっているもの多し)

がまとまっていて良かった。
倖田來未はDVD付きでないと。



僕が好きなのは、

デビュー曲「TAKE BACK」
ゲームマニアに有名な「real Emotion」
アニメの映画化の主題曲「キューティーハニー」
バラード曲「奇跡」「Through the sky」
アンダーグラウンド、セクシー系「Crazy 4 U」や「Selfish」
あと
80年代の杏里っぽいサウンドの「Come with me」
等々。


倖田來未(フルPV)
livevideo.com
YouTubeと類似のサイトだが、
YouTubeのような削除要請による圧力はないので
特にエイベックス系のオリジナルMV(PV)を見るには良い。

PV化されてない「Through the sky」以外の上記の曲はだいたい見られる。
その他多数あり。
http://www.livevideo.com/media/search.aspx?tag=KODA%20KUMI
例えば、
「Crazy 4 U」
普通はこのPV(カット割が激しい→ダウンロードより再生スピードが速く、途切れるので、ポーズにしてダウンロードが半分以上終わってから再生すると良い)
http://www.livevideo.com/video/DarkMessiahNF/DC404C7531CE4560B8E5C42B13D6BAA9/koda-kumi-crazy-4-u.aspx
ダンスのみバージョン(音質は悪いが、珍しいバージョン)
http://www.livevideo.com/video/AF6B613699614300BB52BBB73D7F005C/koda-kumi-crazy-4-u-.aspx
I'll be there(海と空がきれい。2006年、シーブリーズ TVCMソング)
http://www.livevideo.com/video/F59C11E76B1F4AE69D36DEE2B3365A8B/koda-kumi-i-ll-be-there-pv.aspx



YouTube(オリジナルのPVは、ほとんどないだろう)
Kumi Koda
http://www.youtube.com/results?search_query=Kumi+Koda%E3%80%80


デビュー後、大ブレイク直前まで、ほとんどテレビには出演せず、
ソロ・コンサートもしたことがなく、ファン・クラブさえもなかった(エイベックスの方針だったのだろう)。


【大ブレイク前の倖田來未のトーク、曲など】
beat freaks radio
ものすごく古いサイトだが、今でも残っているエイベックスのネットラジオ
(古いだけに、その「歴史」がわかって面白いかも)

"club beat freak" VOL.124倖田來未 デビュー直後(17歳の高校生)のトーク
と、デビュー曲「Take back」
http://www.avexnet.or.jp/bfradio/archived/vol0124.htm

3rd ALBUM 「feel my mind」(2004年)のリミックス。
http://www.avexnet.or.jp/bfradio/archived/vol0289.htm

このページのすぐ下には、
今は解散したday after tomorrowのトークと曲がある。


day after tomorrowのボーカルは、
倖田來未の妹、misono。
day after tomorrowは、人気となり、
倖田來未は、専ら「misonoのおねえさん」と呼ばれていた。


day after tomorrowのオフィシャルサイト
サンプルPV(14曲)、ボビーオロゴン出演のCM等あり
http://dat-net.jp/jp/movies/

day after tomorrowの解散直前のPV(ユリノハナ)と
デビュー当時のPV(faraway)を見比べれば明らかなように、
misonoは、デビュー当時とは別人のように太ってしまった
(今は、再び痩せている)。



day after tomorrowが
「大人の事情」(メンバーの一人と松田聖子の娘のさやかとの問題)と
misonoの太りすぎが原因(?)で解散し、
倖田來未が大ブレイクした後、
misomoは、「倖田來未の妹」と呼ばれ、
立場が逆転した。


さらにその後、倖田來未の「問題発言」による自粛中、
misomoがバカキャラでブレイク。


浮き沈みの激しい姉妹だ。
ある意味、凄い!



ところで、
大ブレイク直後から「エロかっこいい」と呼ばれるようになった倖田來未。

これは、
CRAZYSEXYCOOL(TLCの有名なアルバム名)を、
当時流行ってた「きもかわいい」という表現からヒントを得て
日本語化したものだと思う。

大昔、倖田來未のサイトに「好きな言葉」として
「CRAZYSEXYCOOL」と書いてあったし、
その他、「ある事情」で、
そう確信しています。




エイベックス beat freaks radioネットラジオ(ストリーミング)

"club beat freak" VOL.144
倖田來未 #1 トーク #2 『Trust Your Love』
http://www.avexnet.or.jp/bfradio/archived/vol0144.htm

"club beat freak" VOL.241
倖田來未「grow into one」1. トーク 2. 「To be one」
http://www.avexnet.or.jp/bfradio/archived/vol0241.htm
"club beat freak" VOL.265
倖田來未「COME WITH ME」
http://www.avexnet.or.jp/bfradio/archived/vol0265.htm
"club beat freak" VOL.289倖田來未 ノンストップハイパープレイ
http://www.avexnet.or.jp/bfradio/archived/vol0289.htm



倖田來未のベストアルバム(DVD付き)を買ってしまった。 音楽大好きShu-chanの雑記帳-ウェブリブログ
http://hodohodo01.at.webry.info/200509/article_34.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック