英検2級語彙・イディオム問題500の復習④p117~p127

英検2級語彙・イディオム問題500の復習④p117~p127

Chapter 3 文法 
Unit 1 動詞の形
自動詞・他動詞、能動態(現在分詞)・受動態(過去分詞)
使役動詞・知覚動詞 have.get.make hearなど

p118 Unit 1 動詞の形1 (文型)

(1)
rise ~が上がる (自動詞)
raise ~を上げる (他動詞)

The value of the dollar has risen to such a degree that Yasushi cannot afford to travel to the
United States this year.
ドルの価値は、ヤスシが今年アメリカ旅行ができない程度にまで上がってしまった。
cf.p46(34)
Railroad companies will raise their fares by an average of 10% next month.
鉄道会社は、来月平均10%運賃を値上げする予定だ。 

(2)Please be seated, ladies and gentlemen.
皆さま、どうぞ着席してください。

seat (人)を座らせる (他動詞)
sit (人)が座る  (自動詞)

Please sit down.
Take your seat.
cf.p136
(18)
Since Nancy was feeling ill,she looked for something (      ).
選択肢
1 to sit down 2 sitting down 3 to sit on 4 sitting on
実は難問
to不定詞を使って to sit までは明らか、選択肢1か3に絞られるが、
一見して、1を選択してしまう。
しかし、
後半の文を関係代名詞を使って書き直すと
She looked for something that she could sit(   ) it.
→ down ではなく on
また、sit downは(人)が座る(自動詞)なので
それだけでは目的語を取らない。
前置詞が必要。





(3)Not far from Yamashita Park is a famous Yamashita landmark called Marine Tower.
  山下公園から遠くない場所に、マリンタワーと呼ばれる有名な横浜の名所がある。

  Not far from Yamashita Park  山下公園から遠くない場所
  is に、がある。
  a famous Yamashita landmark 有名な横浜の名所
  called Marine Tower  マリンタワーと呼ばれる

(4)I receive a letter from Amy the other day saying that sha's coming to visit next month
先日エイミーから、来月訪ねてくるという旨の手紙を受け取った。

「手紙が言っている」のだから能動的関係
従って、選択肢1. say 2. saying 3 said 4 having said
の中から2. saying を選ぶ



使役動詞 have について
have+目的語(O)+原形 目的語(O)に~させる、~してもらう
have+目的語(O)+現在分詞 目的語(O)に~させておく、させる
have+目的語(O)+過去分詞  目的語(O)に~される、してもらう

p120
(7)
I would rather go to the movie alone than have Bob come with me.
ボブ一緒に来るくらいならば、一人で映画を見に行った方がいい

have+目的語(O)+原形 目的語(O)に~させる、~してもらう

選択肢1, have Bob 2. have Bob to 3. to get Bob 4. get to Bob

「ボブに一緒に行ってもらう」なので、have+目的語(O)+原形。
よって、選択肢1, have Bob が正解。

選択肢2は、have+目的語(O)+to 原形となっていて、toは余分なので×
選択肢3. to get Bob は、getの前のtoが余分なので× toはBobの後に付く
選択肢4. get to Bob は、上記同様、toはBobの後に付くので×

すなわち
選択肢1, have Bob
または、
選択肢にない get Bob to
が文法的に正しい。

rather B than A=AというよりむしろB
not so much A as B=AというよりむしろB
p120
(8)
I can't have you coming home so late on weeknights.
私はあなた平日の夜にそんなに遅く帰らせるわけにはいかない。

have+目的語(O)+現在分詞 目的語(O)に~させておく、させる
本問は、have動詞を使って「人に~させる」という形にするのだから、
have+目的語(O)+原形 または have+目的語(O)+現在分詞 のいずれか。
選択肢は、
1. coming 2 to come 3, came 4, having come
なので、
have+目的語(O)+原形 となるcomeの選択肢はなく
have+目的語(O)+現在分詞 となる、 1. coming  が正解となる。
p120
(9)
The boy had his bicycle stolen again, even though it was in the garage.
車庫の中にあったのに、少年は自転車を再び盗まれた。
have+目的語(O)+過去分詞 目的語(O)に~される、してもらう

×選択肢4を選ぶと「 I was stolen his bicycle」となるが、文法的に×。これはよく間違えるひっかけなので注意。

cf.
rob (人) of (物)
I was robbed of my car.私は車を盗まれた。
      =I had my car stolen.
cf.p80
(43)
deprive (人) of (物)  (人)から(物)を奪う
The government policy deprived poor people of the opportunity to lead a happy life.
政府の政策は貧しい人から幸せな生活を送る機会を奪った。
p120
(10)
Mr. and Mrs. Forsythe didn't have enough time to paint the livig room themselves,
so they had it done by a professional painter.
フォーサイス夫婦は自分たちで居間にペンキを塗るだけの十分な時間がなかったので、
プロの塗装職人にやってもらった
have+目的語(O)+過去分詞  目的語(O)に~される、してもらう


知覚動詞hearについて
hear+目的語(O)+補語(動詞の原形) 目的語が補語(動詞の原形)するのを聞く
hear+目的語(O)+補語(動詞の現在分詞) 目的語(O)が補語(動詞の現在分詞)しているのを聞く
hear+目的語(O)+補語(過去分詞) 目的語(O)が補語(過去分詞)されるのを聞く

知覚動詞 see もhear と同じ

cf.p78(39)
When the old woman heard the fire alarm go off, she kept her head and looked for the nearest exit.
火災報知器が鳴るのを聞くと、その老婦人は落ち着いて一番近い出口「を探した。

hear the alarm go off 火災報知器が鳴るのを聞く
hear+目的語+補語(動詞の原形) 目的語が補語(動詞の原形)するのを聞く

p120
(11)
hear+目的語(O)+補語(動詞の現在分詞) 目的語(O)が補語(動詞の現在分詞)しているのがのを聞く
Lucy got out of bed because she thought she heard someone moving around in the kitchen.
Luckily, it was only her dog.
台所で誰かが動き回っている音が聞こえたと思ったので、ルーシーはベッドから出た。
幸い、それは彼女の犬だった。

cf, p51
(47)
hear+目的語(O)+補語(過去分詞) 目的語(O)が補語(過去分詞)されるのを聞く
~so he was surprised to hear so many objections raised at the meeting.
~ので、彼は会議でそんなに多くの反対意見が挙げられるのを聞いて驚いた。 
cf.p120
(12) 
I often hear it said that being young is wonderful.
若いことは素晴らしいと言われるのをよく耳にする。
SVOCの文をSVOの形で書くと、saidが入る理由が分かる。
→I often hear that it is said that being young is wonderful.(O=that節)


使役動詞 get について
get+目的語(O)+ to不定詞  目的語(O)に~してもらう、させる
get+目的語(O)+ 過去分詞  目的語(O)に~される

p122
(13)
I'm tired. I wish I could get someone to drive me home.
私は疲れている。誰か私を家に送ってくれればいいのに。
すなわち、
get 目的語 to drive となる。to がつく

get+目的語(O)+ to不定詞  目的語(O)に~してもらう、させる
(14)
Yesterday I went to the store to get my cassette player checked.
昨日、私はその店に行ってカセットテープ・プレーヤーの点検をしてもらった

get+目的語(O)+ 過去分詞  目的語(O)に~される

(15)
On the train Mary got her fingers caught between the doors.
電車で、メアリーはドアの間に指を挟まれた

(16) 使役動詞make   S+make+ O+ C の形
make oneself heard 自分の声を(他人のところに)届かせる
   make oneself understood 自分を(他人に)理解してもらう

Amy couldn'nt make herself heard because of the noise of the approaching train.
近づいてくる電車のために、エイミーの声は聞こえなかった。

(17)
知覚動詞 see もhear と同じcf.p78(39)

see+目的語(O)+補語(動詞の原形) 目的語が補語(動詞の原形)するのを見る
see+目的語(O)+補語(動詞の現在分詞) 目的語(O)が補語(動詞の現在分詞)しているのを見る
see+目的語(O)+補語(過去分詞) 目的語(O)が補語(過去分詞)されるのを見る


I saw the glasses I thought I had lost lying on the bed.
the glasses I thought I had lostが全体で目的語( I thought I had lostがthe glasses を修飾している→失くしたと思っていた眼鏡)
失くしたと思った眼鏡が、ベッドの上にあった
(私が失くしたと思っていた眼鏡がベッドの上に置いてあるのを見た)

自動詞「~が横になる」lie>lay>lainーlying
他動詞「~を横にする」lay>laid>laidーlaying



I actually saw a white car hit the lady.
私は、実際に白い車があの女性をはねるのを見ました。

I saw her eating it, but~
彼女がそれを食べているのを見たけど~


(18)
保留leave+目的語(O)+補語(動詞の原形) 目的語が補語(動詞の原形)のままにする
             leave the door open ドアを開けっ放しにしておく     
保留leave+目的語(O)+補語(動詞の現在分詞) 目的語(O)が補語(動詞の現在分詞)のままにしておく

コンサイスの例文
We left him painting[to paint]the gate.
彼が門にペンキを塗っているままにしておいた[塗ろうとするのを止めなかった]

leave+目的語(O)+補語(過去分詞)  目的語(O)が補語(過去分詞)された状態のままにしておく
leave something undone しないでおく
            leave something unsaid 言わないでおく      
It was careless of me to leave the door unlocked.
ドアをロックしないままにしたのは、私の不注意だった。


Unit 1 動詞の形2 (時制)
p124
(1)(2)について 
時と条件を表す副詞句の中の時制の問題。
文全体が未来のことを言っていても、動詞の形は現在形ないし現在完了形を用いる。


(1)Please let me know as soon as you (have done) that work.
その仕事をやり終えたら「すぐに私に教えてください。
※「現在完了形」(現在に重点がある)を用いて、「(未来において)~が終わった時」と表現。
(2)Turn off the lights when you( leave )the room.
部屋を出るときは電気を消しなさい。
cf.p6(2)I`ll give you my phone number in case you( need )to contact me.
私に連絡する必要がある場合に備え、電話番号を教えておきます。



Unit 1 動詞の形3 (複合)

p126
(1) the new peace agreement (has been upheld) by both countries.
新しい平和協定は両国の支持を得ている。
uphold 支持する→受身)be upheld 支持される、支持を得る
 
(2)
the fence collapsed フェンスが壊れた
collapse 自動詞 壊れる、
受身の選択肢はひっかけ。 
(5)
not long ~before...=...する前に~という状態が長くなかった→~してすぐ...した。

My parents (had not long been married) before they came to live in this city.
私の両親は、結婚してすぐにこの街に引っ越してきた
※一般にこの表現は、主節が「過去完了」でbefore以下の副詞節が「過去形」になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック