英検2級試験当日

今日は本試験。
とてもあっけなく終わってしまった感じ。

会場には、迷うことなくスムーズに到着。
拓大一校が会場だった。
とても綺麗な校舎と教室。
しかも共学とのことで、
自分が高校生の当時の拓大一校のイメージとは全く違っている。
別物だと言って良い。

指定された教室に入ると
集合時間30分前なのに
2~3人しかおらず、
しかも
席は自由。
後ろの席に座ってコンビニで買ったパンを食べた。

集合時間の午後1時になると
席は7~8割程埋まった。

高校生だらけだと覚悟していたが
「大人」が大半で高校生は1~2割。
これは受験会場にも拠るのだろうか?

ここに来る途中、
「子供」が多くて
ビビッていたが(笑)、
別の階が3級、4級の受験会場と
なっているためだとわかり
ホッとした。

小学生で英検1~2級なんて
かわいげのないガキは嫌いだ(笑)。
近づきたくもない(笑)。


試験自体は
以前、図書館の学習室で過去の本試験問題を時間を計って解いたときと
全く同じレベルと感触。

特に真新しい問題もなく。
筆記は練習時と同様、15分ほど早く終わった。

ただ、
リスニング問題は、
教室では低音が響いて、子音が聞き取れなかった。
特に男の話す英語がとても聞き取りにくかった。
一番前で受けるべきだったか?

ところで
問題集に、リスニング対策ないし心得として
「事前に選択肢をよく読んでおく」
というのがある。
「よく読む時間的余裕などないだろう」
と思っていたら、

筆記試験問題の最後のページの方に
既に、リスニング問題の選択肢が書いてあり
ページをめくればそのまま読めることを
初めて知った。

そこで、
筆記問題解答後は
ずっと選択肢を読んで
キーワードには線を引いていた。

もっとも、読み込みすぎると
「先入観」が生じて
かえって間違える危険もある。

筆記試験後、
そのまま着席した状態で
リスニングテストに移行するので、
全ての人が事前に選択肢を確認できるはず。

まあ
とんでもない勘違い、アクシデントがない限り、
受かっているだろうが、
落ちてたら、またやるだけ。
ただそれだけ。
受かって当たり前だが、落ちても別にどうってことない。

そもそも、
こんな試験を受けられるだけでも
幸せなんだよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン

    Excerpt: 英検2級試験当日 英検2級日記 守山南1527/ウェブリブログ Weblog: レイバン racked: 2013-07-06 01:24