英単語の暗記には関連性

今は、「英検準1級語彙・イディオム問題500」(旺文社)の巻末の単語と、
DUO3.0の単語を覚えようとしている最中。

「英検準1級語彙・イディオム問題500」(旺文社)を見ていて気付いたことは、
英検2級対策でチェックした単語が2~3割あることだ。
準1級の前提なのだから当然といえば当然かもしれないが...。
いずれにせよ、
準1級は、2級にさらに語彙を増やせばいいだけ、
というのが基本的対策だろう。

また、他方で
どうしても覚えられない単語、脳が拒絶反応を示す単語が
1~2割ある。
これらは、以前全く見たことのない単語で、一見重要そうにも思えず、覚えることの意義に疑問を感じ、
こんなもの覚えても意味ないだろうと、脳が意識的・無意識的に覚えることを拒絶しているようだ。

しつこく異常に繰り返すことで覚えられるのかもしれないが能率は悪い。

ところが、
英語のニュースサイトで見た、とか、英語の歌の歌詞や映画の主人公が使っていた、とか
試験問題で正解肢となる重要な単語で興味深い分野だったとか、
何らかのきっかけ関連性があると、
脳が拒絶反応を示さない。

見たことがあっても、意味を覚えていなかった単語も、このような関連性があると
すぐ覚える。

実際に使われていることの実感は学習効果が大きいのだろう。

BBCなどの英語サイトは、
準1級レベルの単語の洪水なので、
毎日、チェック。
併せて速読、精読も


11 July 2013 Last updated at 11:42 GMT
BBC News - Bank of Japan sees modest recovery in economy
The Bank of Japan (BoJ) has said the country's economy is "starting to recover modestly".

The upbeat assessment of the economy came as the BoJ left its huge monetary easing programme unchanged.

日本銀行、経済の緩やかな回復を予想

日本銀行(日銀)は、日本経済は緩やかに回復し始めている、と発表した。
日本経済が上向きとの評価は、日銀が大規模な金融緩和プログラムを変更しない、ことに起因している。

※assessment =査定、評価
※monetary easing=金融緩和


It is the first time the BoJ has described the world's third-largest economy as being on the path towards expansion in more than two years.
The bank is to stick to its plan of pumping more than 60tn yen ($606bn; £402bn) a year into the economy.
The programme is known as "Abenomics'' after Prime Minister Shinzo Abe, who took office late last year.

日銀が、この世界第三の経済大国を、2年以上にわたって、拡大途上にあると表現したのは、初めてのことだ。
日銀は、年間60兆円(6060億ドル、4020億ポンド)以上を国内経済に供給する、という計画を今後も実行する意向である。
このプログラムは、昨年暮れ政権に就いた安倍晋三首相にちなんで、アベノミクスとして知られている。



※describe A as B=AをBと表現する
※be on the path towards =be on the way to~=~へ行く途中
※stick to~=~をあくまでも守る、忠実に従う

The BoJ has been flagging up steady improvements in the economy for the past six months, but Thursday's announcement is the first to point to a broad recovery.
"With regard to the outlook, Japan's economy is expected to recover moderately on the back of the resilience in domestic demand and the pick-up in overseas economies," the BoJ said in a statement.

日銀は、過去6ヶ月にわたって、日本経済の着実な改善を中心課題に掲げてきたが、木曜の発表は、広範な回復をはじめて指摘する内容だった。
「今後の見通しについては、日本経済は、内需と一部海外経済の回復を背景として、穏やかに改善する見込みだ」と日銀は声明で述べた。

※flag up =旗を揚げる⇒中心課題に掲げる
※With regard to ~=~に関して(は)
※outlook=展望、見通し、
※is expected to~=~との見込み
※resilience=回復、反発

Election
選挙

Mr Abe appointed Haruhiko Kuroda, a veteran of international finance, as the governor of the BoJ in March with a promise to generate 2% inflation in two years.
Japan has been suffering from deflation for some years.

安倍首相は、国際金融に詳しい黒田東彦を、3月、日銀総裁に任命した。その際、2年以内に2%のインフレを実現させるとの約束をした。
日本は数年にわたってデフレに苦しんでいる。

Economists are divided over the merits of "Abenomics", which is short on details of how Japan's massive public debts will be tackled or how certain industries will be made more competitive.

経済専門家らは、「アベノミクス」の効果について意見が分かれている。「アベノミクス」は、どうやって日本の巨額の公的負債問題を解決し、産業競争力を高めるのか、についての詳細な説明が不足しているためだ。

※ is short on details of =詳細な説明をしていない

An election in the Japanese parliament's upper house set for 21 July is expected to serve as a litmus test for the public's approval of the policies, which have already sent the share prices higher and the yen lower in a big plus for exporters.

7月21日施行される参議院選挙が、この政策への国民の支持を占うリトマス試験紙となる見込みだ。この政策は、既に株価を上昇させ、輸出業者に多大なプラスとなる円安へと誘導している。

※the Japanese parliament's upper house =日本の議会の上院=参議院

http://www.bbc.co.uk/news/business-23267645

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック