今日は英検の試験日

まずい、
家を出る時間が遅れたため、
試験場に着いたのは集合時間の5分前。
初めて行く場所なので、駅からタクシーで行ったのは正解だった。
徒歩なら20分はかかったろう。

午前9時30分集合とのことで、とてもあせっていたのだが、
どうということもなく入室。
9時40分以降も遅れてくる人あり。
時間にはそれほどうるさくない様だ。

席は自由。
係員が、前に詰めて欲しいと言ったので、
皆、前に詰めると、受験生は10数名程度のため
その少なさが実感される。
(準1級の試験教室は、3教室ぐらいか?)


10時から試験開始。
大問1は、順調だった。
知らない単語がほとんどない。

直前まで、
「英検準1級語彙・イディオム問題500」(旺文社)を5回、
「英検準1級頻出度別問題集」(高橋書店)を2回、
繰り返した成果だと思う。
試験前日、
最近の本試験問題の大問1のみを初めてやったが、
9割前後の正解率だった。




余裕を持って、大問2(やや長文の空欄補充問題)へ、
なんとなくできた気がする。

なんだ、集中して本気出せば楽勝じゃん(笑)、と思ったものの、
それ以下はだめだった。


語彙対策ばかりやっていたので、他の問題への対策が不十分だった点が
大きく影響した。


特に、リスニング問題は、壊滅的だった。
茫然自失、途方に暮れる(at a loss)、という表現がまさに当てはまっている。


途中で、あきらめました。
英検2級とは違うと改めて実感しました。

時間不足はなかったものの試験時間は、あっという間に過ぎていった。
充実感も、解放感も、なにも感じない。
今日は、何だったんだろう、って感じ。

そうだ
今回の試験は「なかったことにしよう」。(笑)

バスで最寄の駅に戻り、
駅前の本屋で「英検準1級 文で覚える単熟語」(旺文社)を買った。

すでに8~9割以上の単語は知っているが、

別の角度から、新鮮味をもって見てみたいと思ったこと。

文で覚えるという点に長文問題対策とあいまって魅力を感じたこと。

今年改定されてCD3枚付きにになったこと(リスニング対策にもなる)。

レイアウトも旧版より見やすくなっていること(旧版もその本屋にあったので比較してみた)。

そして、何よりも定評があること。

などが、購入理由。


上記アマゾンの購入者の書評によれば、
準1級本試験よりもCDの英文を読むスピードレベルがゆっくりで、
単語も網羅的ではないらしいが、
物足りなくなったら

1級の「英検1級 文で覚える単熟語」(旺文社)でもやってみよう。

英検1級対策書(旺文社のメジャーなもの数冊)もざっと見てみたら(もちろん買ってない)、
準1級対策でやった単語がけっこうある。

級が違っても重なっている単語は多いようだ。
(準1級の簡単な単語は2級と、難しい単語は1級と)

いずれにせよ、
今回の受験および受験準備の追い込みで、
平均的準1級「受験生」になったような気がする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

南16
2013年10月15日 16:30
ご無沙汰です。
やっぱりリスニングだけは自分を
そう言う環境におかないと難しいですよね。

英語のヒヤリングが出来る、
夜のお店に行かないとダメですね!(笑)
守山南1527
2013年10月17日 01:08
ご無沙汰してます
お元気ですか?

生きた英語に接する機会がないので、
ひたすらCDやネットのニュースなどで耳を慣らすしかないのですが、
準1級は、2級よりずっと難しかったです。

この記事へのトラックバック