英検準1級面接は、不合格

昨日、通知が来た。
通知が小さい(封筒)ので中味を見なくても不合格とわかる。
合格の場合は、合格証書とともに来るので大きいのだ。

英検準1級二次の面接は、当然のことながら不合格。
ただ、予想外だったのは、
21点だったこと。

合格点22点(満点38点)ということは
あと1点で一応合格だったことになる。

しかし、どう考えてもあと1点で合格レベルだった、
とは思えない。
15点ぐらいかと思っていたので意外だった。

これで受かってたら
英検をなめてしまうだろうから、
自分では納得している。


試験直後から、
英検2級のリスニング・面接用CDを聞きながら、表現をアウトプットを
意識しながらチェックしていた。
聞く分にはよくわかるし表現自体も簡単だが、
これを話すことは意外と難しい。

単語レベルは、準1級二次面接でも十分通用するレベル。

改めて気付いたのは、
面接の模範解答で
2級のナレーションは、ほとんど直接話法を使い、
準1級のナレーションは、間接話法を使っていること。
でも、
準1級でも、直接話法でも良い、と旺文社の面接対策本にあったので
この点、それほど固執することもないだろう。

その後、
英検準1級「文で覚える単熟語」の3回目を始める。
見れば分かるレベルで単語を見ると
簡単なのだが、
これを実際に文章にしたり話したりできるか、
というアウトプットを意識して見ると、
難しく感じてくる。

面接の時事問題に使えそうな文章は
チェックしてメモしておこう。




パソコンはいい加減寿命のようだ。
ついに、
立ち上げてすぐフリーズするようにもなった。
ネット接続まで30分かかることもある。
ソフトをいくつかアンインストールしたら
一時的に良くなったが、
買い替え時だ。
でも、買い替え自体いろいろと面倒くさい。

ということで、
パソコンを新しくするまでは
当分、ここの更新は月1~2回。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック