「究極の英語リスニング Vol. 2」(アルク)終了(1回目)し、Vol. 3へ

「究極の英語リスニング Vol. 2」(アルク)、終了(1回目)
感想は、
難しい単語がないので、リスニングと
簡単な表現方法に集中できるのが、良いところ。
特に可もなく不可もなく。
まあ、こんなものか、といった感じ。


4章構成で、それぞれ長短10数パート、全部で45のトピックからなる。
それぞれの章の最初の3つは、おそろしくゆっくりのスピードで、
まるでスローモーションのようでイラつく。
戦場カメラマンの渡部 陽一より遅い。
徒競走なら、全員前のめりでフラインングするだろう。

ここまで遅くするのは、かえって無意味・無駄。
逆に、
後ろの方には早いスピードのものもある。

単語レベルは中学生~せいぜい高校1年ぐらい。
他方、リスニングレベルは、英検2級のやさしい方ぐらいか?(一部早口のものを除く)。




引き続き、「究極の英語リスニング Vol. 3」
をやる予定。
このシリーズは近所の大きな本屋の英語コーナーで以前から気になっていたもの。
「究極の英語リスニング Vol. 2」は、本屋で買ったが、
「究極の英語リスニング Vol. 3」は、アマゾンで中古本を、定価の4割ぐらいの価格で購入。

今日、届いたので(新品同様)、今日からはじめる。
単語レベルは高校2~3年生ぐらいか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック