英検準1級2次の受験票が来た

英検準1級2次の受験票が来た(前回来たのは、1次2次共通の受験票)
これには、前回のものと違って受験日時と受験会場が書いてある(当たり前だが)。
1次を受けた人のものと共通なので、1次試験の個人成績表部分は空欄だ。
受験結果の部分に「合格」の代わりに「一次免除」とある。

気が付けば、もう直前だ。

本来、2次の面接対策は、
1次試験後(または、1次試験合格後)、あわただしく始まり、
その効果的勉強方法がよく判らないままに
予想問題や過去問を必死に見て勉強し、
気が付けば試験当日となり、
訳もわからずいつのまにか試験が終わり、
絶望感・不安感にさいなまれながら、
でも
なんか知らないけど合格している。

というのが、一番多いパターンかもしれない。


ところが、自分は、
合格率80パーセントの試験に落ちたため、
もはや上記の合格パターンはありえない。

なんとなく必死で勉強してなんとなく合格するパターンはもうない。

もし次も不合格になるなら、
これがトラウマとなり精神的に弱って
負け癖がついてしまうかもしれない。

だから、絶対に落ちられないので
なんとなく勉強することはありえないのだ。


とはいえ
前回の受験に使って既に手元にある予想問題と過去問を徹底的に
繰り返しやりまくるしかない。

模範解答を参考にしつつも、自分が口に出して話せそうもない文は
入れ替えないし修正しているが、
やり返すたびに修正部分が出てくる。

時間がかかるのは、文章構造でも高度な単語でもない。
この単語は複数形か、単数形か、
theをつけるべきか、なしか、
これは、ナチュラルな英語として成立するのか?
などである。

2005年前後から13年までの過去問と
「14日直前予想」の全てを書き直した。

質問部分は、ノートでまとめて書いた後、さらに大きめの単語カードに
一問一答式でまとめた。

そして、類似問題をそれぞれの問題カードに書き込んだ。
4コマのイラストのナレーションには、
一定の傾向・パターンがあり、共通する表現パターンもたくさんある。
が、
今ここに詳しく書く余裕はない。
受かったら、一級対策の準備の前提(?)として
ここにまとめて見るつもり。

だから、過去問の傾向、解説は下手な英語講師よりできるかも(笑)。
とはいえ、個別の質問への回答はノートやカード見れば思い出すが、
それを何も見ずにスムーズに口に出すことがまだできない。
これができないと、無意味だ。
ナレーションは、2分以内に終わらせる自信がない。

今後の追い込みで、できるようになるのだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック