2014年第2回英検1級過去問・大問1を解く

英検1級過去問集の最新版である2015年度版英検1級過去6回全問題集(旺文社)に収録されている
2014年第2回英検1級過去問・大問1を解いてみる。

今までの過去問対策で、どの程度対応できるかを確かめつつ、
近年の過去問をどれくらい解けるのか?
その心理過程も併せて検討してみる。

そして、これらもカード化する。

なお、
過去問の学習は、2013年度版の問題集まで(しかも、2000年以降の過去問のカバー率は、7割前後)で、
それ以降はやったことがない。
「英検1級・文で覚える単熟語」(旺文社)(以下「文単」と称す)は、やっている。

解答時間は、約15分かかり、
得点は、17点だった(25点満点)


以下で「過去問」と言っているのは、「以前に勉強した過去問」という意味。
辞書は、ロングマンの英和、を使用


(1)
画像

「警察によると~」で始まり、「ギャングが撃たれて殺された」その原因的な名詞がカッコ内に入ることが分かるの

で、選択肢を見ると、
1の「復讐」が正解としてあやしい、
2は、complianceに似ているが不明、
3は、reformの名詞形、
4は、準1級単語で、燃焼だろう

ということで、
正解肢として、1を選択。

(正解)は1  in retaliation for~ ~の報復に

1、仕返し、  2、編集、 3、改良、 4、燃焼

選択肢の2は、落ち着いてみれば、コンピレーションとわかるが、
コンピレーション・アルバムという言葉は知っているものの、意味は知らなかった。
compile 「編集する」の名詞形


(2)
画像

「新薬を飲んだ後、数人が深刻な副作用を経験したあとで」、「政府は」、「さらなるテストが行われるまで」
とうするか?
「placed a (    )」

1、は見たことない単語、
2、はモラトリアム、猶予、一旦停止のような意味だったか。過去問で、moratoriumが
正解だったときの問題に似ているし、意味が通るので、2だろうな。
3、は知らない単語、
4、は過去問でやったが、忘れた。
ということで、
2しか意味はわからないが、
正解肢として、2を選択。

(正解)は2
    place a moratorium on ~ 「~の一時停止[延期]措置を取る」

1、裂傷、  2、一時的停止、 3、概要、 4、空洞

正解肢の単語しか知らなかった問題パターン。 
しかも、
moratoriumという単語は、
2級・準1級レベルで、
その上、1級過去問に似たのもがあったと思う。
4は、caveから連想できたか?



(3)
画像

性差別はとても社会で(   )なので、女性がトップの経営上の地位を得るのは依然として難しいままだ。
(   )に入る形容詞は。

文脈からは、旧態依然としている、状態を表す単語が入るだろう。

選択肢を見ると、1~3は過去問で見たことがあるが、どれも意味が思い出せない。
3は、trench塹壕(ざんごう)の動詞化か?
4は、見た気もするが記憶にない。
悪い意味っぽい選択肢1のvanquishedを選ぶ。

(正解)は、3、entrenched
en-「~の中に」+trench「深い溝」で、entrenchは、「(深い溝の中に)しっかり根付いて変わりそうにない」
様子を表す。

1、征服された、 2、汚された、 3、確立された、 4、悩まされた

そういえば選択肢1のvanquishは、「文単」にも載っていたかも?

3のentrenchが、en+trenchである点は、分かっていたが、
trenchは、トレンチコートの語源でもあり、「塹壕(ざんごう)」としてしか記憶していなかった。
すなわち、
第一次大戦中のヨーロッパの西部戦線(小説、レマルクの「西部戦線異常なし」の世界である)、
ドイツ軍vs英・仏軍の戦闘は硬直化し、双方とも「塹壕(ざんごう)」(trench)を延べ数百キロにわたって
掘り、塹壕戦を行っていた。
塹壕の中では、雨が降るとドロだらけになるため、軍服の上から長いコートを着るようになった。
これが、トレンチコートである。




(4)
画像

ブライアンはかつてビジネスで成功していた、が、不景気で突如倒産して(   )となった。彼は今親類の世話になっている。

選択肢1は、見たことない。
2は、極貧の、という意味である。
3は、見たことあるが、意味は忘れた。
4は、見たことはない。

で、2で、意味が通るので、
正解肢として、2を選択。

(正解)は、2、 
類義語は、impoverishad indigent いずれも、過去問で出ている。

1、斜めの、  2、極貧の、3、博学な  4、こっけいな

3は、意味を見たら思い出した。
過去問で2回は出ているはず。
1と4は、やはり全く記憶にない。

これも、知ってる単語が一つで、それが正解というパターン。


(5)
画像

地球の化石燃料資源が(    )したので、NASAはエネルギー生産のため月の潜在力を利用できるような新しいテクノロジーを開発している。

(  )には、その代わりに~ということなので、
「なくなった」とか「枯渇した」とか「減少した」とか「有害で使いたくない状態」とか
が入るだろう、と予測できる。

選択肢を見ると、
1、減少している、弱くなっている、 
2は、わからない
3は、やったことあるが、思い出せない。
4、は、汚している、だったか?

1と4で、どちらかを選べというなら、
1だろう、ということで、正解肢1を選択。

(正解)は、1
1、次第に減少する、  2、強化している、 3、あふれそうになっている、  4、変色している

4は、思い出した。
調べて見たら、例えば
2002年1回の(4)では、正解肢として4.tarnished 色あせた
とある。
2と3は、全く知らない。
これも、知ってる唯一の単語が正解のパターン。
しかも、dwindle は、準1級レベルで習った単語である。


(6)
画像


マーチンは、はじめそのコンピューターを買うのをためらっていたが、販売員が、さらに2年の保証と
ただでスピーカーを付けると申し出たので、取引を(    )。

ということは、取引が成立した、という意味の選択肢を探す。

1、過去問で見たことあるが、意味は忘れた。
2、硬くする、とか、まとまる、とか、いった意味だった?
3、飽和した、
4、見たことあるが、忘れた。

契約がまとまった感じは、2に近い、から、2を選ぶ。

(正解)は、2
 clinch[close, settle] a deal 「取引、商談をまとめる」

1、(馬)をゆるく走らせた、 2、~に決着をつけた、 3、~を飽和させた、 4、~を風刺した

1、はそんな意味だったか?記憶にない。
2、そうそう、「決着をつける」だ、
  なんか、まとまるというニュアンスはなんとなく記憶にあるが、
  clenchと混乱するのだ。

  clench を固く結ぶ、を握り締める、(筋肉)を硬直させる、(2000年-2回(16)-3 など)

3、saturated は、むしろ unsaturated(不飽和の)を最初に覚えた。
unsaturated fat (不飽和脂肪)という単語が、健康・ダイエットの記事で
よく出てくる。

4、は、過去問で2回ぐらい見たことを思い出した。
 ただ、
satiated 飽き飽きさせた、など紛らわしい単語あり。 



(7)
画像


小屋の屋根は、(    )の材質でてきていたため、嵐の中、強風で簡単に破れてしまった。

1、はわからない。
2、は見たことある。
3、は、静か、とか穏やか
4、は、固い、感じ?

2っぽいので、2を選択。

(正解)は、4
1、陳腐な、 2、暗い、 3、穏やかな、  4、薄っぺらの

1、は似たような単語がいくつもあるので、知らん。
 と思って、一応辞書で確認したら、
 ラインマーカーが引いてあった。
 ということは、過去問に出ていたということである。
 trite
(発言・考えなどが)陳腐な、ありふれた

2、は思い出した。過去問にもあった。
  辞書を見ると、ラインマーカーも引いてある。
  murky
  (水などが)にごった、薄暗い、どんよりした、

  以前、この単語を覚える際、
  確か、『仄暗い(ほのぐらい)水の底から』というホラー映画のタイトルを英訳すると
  この単語を使うのかな?なんて思いながら、見ていた記憶がある。

  というのも、これより少し前、
  grudge(恨み、遺恨) という単語を覚えるとき、この単語は見覚えがあったので、
  確認したら、
  やはり、ホラー映画「呪怨(じゅおん)」のハリウッド・リメイク版のタイトルが「grudge」だった。
  これで、grudgeの記憶が定着したため、
  murkyも同様にうまく映画タイトルと絡めて記憶したいと思ったのだった
  (が、今回はだめだったようだ)。

3、は準1級で習う普通の単語。
4、は、答えを見て思い出した。
 以前の過去問でも、ほぼ同じような問題文で、flimsyを正解肢とするものがあった。

 flimsy
 (布、服などが)薄っぺらな、
 (機器、建物などが)(構造的に)もろい
 (根拠などが)薄弱な 
  

(8)
画像

以前、その政治家は、地球温暖化について声高に話すのをためらっていたが、
この件について最近のメディアへの発言では、驚くことに、(    )だった。
ということは、
発言をためらっていたのとは、逆の意味の形容詞が入るのだから、
積極的に話す、という意味の形容詞は、

選択肢1は、「騎士道の」か?
2は、過去問であったと思うが、覚えていない。
3は、「率直な」とか、前向きに正直に話す、といった文脈でよく使用される過去問での頻出語。
この時点で、3が答えと判る。
4は、過去問に出ていること、覚えようとまとめたことは覚えているが、意味は思い出せない。

(正解)は、3
ここでも、確実に知っている単語が、答えというパターン。

1、騎士らしい、 2、胸の悪くなる、 3、率直な、 4、こそこそした、

1、を知っていたのは、過去問にあったから。
2は、辞書で確認したら思い出した。
 squeamish (汚物、血などを見て)すぐに吐き気を催す

 過去問では、彼は~を見るとすぐ吐き気を催す...みたいな文だったような。
 そして、この単語が正解肢だったはずだ。(要確認)

3は、過去問で何度も出ている。
 「発言について率直な・正直な」という意味で使われている。
 その政治家は、自分の私生活について(率直に話す)ので、皆驚いた。
 とか、
 その政治家は、自分の汚職を(率直に話した)。
 みたいな、問題文だった。

 その他、名詞形の candor 率直さ、正直さ、あけすけさ
  も、過去問の正解肢として出ている。

4は、過去問にも出ていて、覚えようとしている最中である。
偶然にも、このすぐ前の日記で書いているのに、やっぱり思い出せなかった(笑)。
 furtive こそこそした
 futile 無駄な、役に立たない
 fertile 肥沃な、繁殖力のある(2級、準1級単語)、
の3つが、似ていて混乱する、と書いたばかりである。


次回(2014年第2回英検1級過去問・大問1を解く②)へ続く






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック