英検準1級〜1級日記 守山南1527

アクセスカウンタ

zoom RSS 少しスランプ?

<<   作成日時 : 2015/12/01 21:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

英検1級過去問潰しは、飽きてきたせいか能率が上がらない。
モチベーション低下気味。
今は、まだ先日入手した2005年度版の過去問を解きながらカード化・暗記
している最中。


ところで、
最近、インターネットに使うパソコンを古いボロボロのものから、やや新しいものに替えたところ、
とてもサクサク動くので、

久しぶりにyou-tubeなどの動画で英語ニュースなどもよく見るようになった。

ネット時代、デジタル時代は、語学学習がとんでもなく簡単かつ超安価にできるようになった
ものだとつくづく思う。

昔なら10万円以上するような教材が、今では、ネットで無料なのだから。

また、カセットテープより、CDやDVDは使い勝手が比較にならないほど良く、効率的だ。

語学学習に関して桁外れに恵まれている環境下にある今日、ネットを利用しないのはもったいない。


とはいえ、便利だからと言ってネット、スマホ、電子辞書に頼りすぎるのは危険であり、
本の辞書、ノート、カード学習なども軽視すべきではない。


機械は充電が切れたり、故障等なんらかのトラブルがあれば使用不能となるが、
紙媒体は、そんなこととは無関係だし、
例えば、
辞書は、英検1級単語を引く度にラインマーカーを引いておくと、
その後、他の単語を辞書を引く度に以前マークした単語や類似の単語を
確認ができ、記憶の定着に役立つ。

カードやノートも、、
わざわざ電源を入れる必要もなく、また充電切れなどを気にする必要もない。
気軽にパラパラ見られるし、自分の手で書いているので、記憶の定着度は、比較的高い。



とはいえ、
1級レベルになると、覚えたつもりなのに、次々と記憶があいまいになっていく。
辞書で再確認する機会があっても、「そういえばそういう意味だった」と思える場合はまだいいが、
やったこと自体を忘れていてショックを受けることも結構ある。

さらには、
意味上あるいはスペリングで似た単語が大量にあるので、
知識が混乱し、
意味を取り違えて覚えてしまうことも多い。
知識の相互乗り入れが始まるのだ。


ということで、

英単語の勉強とかけて、

鴨長明の「方丈記」と解く、

その心は

「かつ消え、かつ結びて久しくとどまりたるためしなし」 
(鴨長明の「方丈記」の冒頭の文章)


要するに
『行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし』(鴨長明の「方丈記」)

鴨長明は、人の人生を、川の流れ(時間)とうたかた(泡)に例えたわけだが、

僕は、頭の中の英単語が覚えたそばから忘れていく様に例えたのであります。
(いつも思っていることで、上記フレーズがいつも思い浮かぶ)


あるいは、

英単語の勉強とかけて、

東京の地下鉄と解く、

その心は

相互乗り入れが多くて混乱します。


すなわち、
東京の地下鉄は、通勤・通学で使っている場合を別にすれば、
よほどのことがない限り、誰でも混乱するものでしょ。
きっと、英検1級受験生も皆、
類似した英単語で混乱していると思います。




というわけで、
似たような意味あるいはスペリングの単語は、
ある程度、まとめておく必要があるので、
過去問を解いたノートの余白部分に、紛らわしい単語をまとめてきたが
それがたまってきて、ノートがこれ以上書き込めないほどゴチャゴチャになっている。
後から次々と追加して書き込むためである。

過去問学習が一段落したら、このブログでまとめておこう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NTTナビスペース
少しスランプ? 英検準1級〜1級日記 守山南1527/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる