DIANA KRALL(ダイアナ・クラール 女性ジャズボーカル)

夜、オンザロックのウィスキーでも飲みながら、聴くとはまりそう。
(とはいうものの酒は、ほとんど飲まないが)
ジャズは、全然詳しくないけど、こういう軽めで繊細で都会的なおしゃれな感じの女性
ジャッズボーカルのCDが欲しいと以前から思っていたので、当たりって感じ。

ビリー・ホリデーやサラ・ボーンは、僕には、ちょっと重過ぎる。

ナット・キング・コールは好きだが、女性ボーカルじゃない。
(娘ナタリー・コールとの合成によるデュエット「Unforgetable」-1991年グラミー賞
Natalie Cole Music Videos on Yahoo! Music
http://music.yahoo.com/ar-304046-videos--Natalie-Cole
なお
米国ヤフーミュージックでただでフルPVを見る(2006年4月9日追加・修正)
http://hodohodo01.at.webry.info/200508/article_9.html

しかも、ビリー・ホリデーもサラ・ボーンもナット・キング・コールも
大昔の伝説の人で、とっくにこの世にはいない。

ジャズ好きの友人がいるが、前衛的なまるで「ピカソの絵」のような曲ばかりで
僕にはついていけない(僕は、ピカソやダリよりもミレーやモネが好きです)。

ジョン・コルトレーンのCDも超有名なアルバムの「Ballads」に入っているような曲以外は、
やはり、ついていけない(でも、「Ballads」は、初心者にも超おすすめです)。

ということで、ジャズ初心者でも、安心して聴ける女性ジャズボーカリスト、ダイアナ・クラ
ールに、はまってしまいました。

Yahoo!ミュージック - ダイアナ・クラール - アーティスト情報
http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop?d=p&cf=12&id=101427

Diana Krall BIOGRAPHY(ユニヴァーサル・ミュージックのサイト)
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/diana/bio.html



フルPV
Diana Krall Music Videos on Yahoo! Music
http://music.yahoo.com/ar-254805-videos--Diana-Krall
Jingle Bells (2005)
Almost Blue (2004)
Girl In The Other Room (EPK) (2004)
Cry Me A River (Live) (2001)


オフィシャルサイト フルPVあり
The Official web site of Diana Krall
http://www.dianakrall.com/
Media - Watch video, get eCards, wallpaper, downloads, and more
左にVのマークがついているのが、PV(4曲)
http://www.dianakrall.com/media.aspx
○"Just The Way You Are"(3分59秒)
  歌詞http://www.lyricscafe.com/k/krall_diana/077.htm
(オリジナルは、ビリー・ジョエル邦題「素顔のままで」
 試聴のみ http://music.yahoo.com/ar-253719---Billy-Joel
△"A Case of You"Live In Paris ライブ映像(6分30秒)
○"The Look Of Love"(3分55秒)
◎"Let's Face The Music And Dance" (4分18秒)ボザノバ風
 歌詞http://www.azlyrics.com/lyrics/dianakrall/letsfacethemusicanddance.html
※フランク・シナトラも歌っていた。
 http://music.yahoo.com/ar-264168---Frank-Sinatra
オフィシャルサイトhttp://www.franksinatra.com/からリンクされている
 Sinatra at the London Palladiumhttp://www.sinatra.com/
 には、「film clips」等コンテンツ多数あり。
古き良きアメリカの象徴的存在。
カラオケで「My way」を歌う「オヤジ」のせいで、フランク・シナトラの印象は悪いが、
映画「ダイ・ハード」(メル・ギブソン主演)のエンディングに流れるシナトラの歌
(Let it snow)は良かった。

ダイ・ハード - goo 映画
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD5687/index.html?flash=1
Die Hard=なかなか死なない(奴)

大昔の曲を聴く機会はめったにないが、映画の中で使われていると、とても
印象に残ります。

例えば「グリーン・マイル」(原題「TheGreenMile」1999年アメリカ188分)。
グリーンマイル - goo 映画
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31853/index.html?flash=1

この映画の中で使われている映画『トップ・ハット』で、フレッド・アステア
&ジンジャー・ロジャースが「Cheek to cheek」(頬よせて)を歌い踊る場面 がある。

「Cheek to cheek」は、ビング。クロスビーやフランク・シナトラも歌っているが、
この「グリーン・マイル」を見てからは、フレッド・アステアの「Cheek to cheek」が
良いと思うようになった。
 



Diana Krall Biography on Yahoo! Music

Singer/pianist Diana Krall got her musical education when she was growing up
in Nanaimo, British Columbia, from the classical piano lessons she began at age
four and in her high school jazz band, but mostly from her father, a stride piano
player with an extensive record collection.
"I think Dad has every recordingFats Waller ever made," she said,
"and I tried to learn them all."

※Fats Waller(ファッツ・ウォーラー、1943年没)
ストライド奏法を駆使する名ピアニスト・作曲家。代表作「Honeysuckle Rose」
(Excite エキサイトミュージック ~ Fats Waller
http://www.excite.co.jp/music/artist/137465/

Krall attended the Berklee College of Music on a music scholarship in the
early '80s, then moved to Los Angeles, where she lived for three years before
moving to Toronto.

By 1990, she was based in New York, performing with a trio and singing.

After releasing her first album on Justin Time Records, Krall was signed to GRP
for her second, Only Trust Your Heart (http://www.dianakrall.com/music6.aspx
and transferred to its Impulse! division for her third, a Nat "King" Cole Trio tribute album called All for You.
http://www.dianakrall.com/music5.aspx
Nat King Cole Artist Main on Yahoo! Music(PVなし、試聴のみ)
http://music.yahoo.com/ar-304045---Nat-King-Cole

Love Scenes followed in 1997, http://www.dianakrall.com/music4.aspx
and in late 1998, she issued
the seasonal Have Yourself a Merry Little Christmas.

When I Look in Your Eyes followed in 1999.
http://www.dianakrall.com/music3.aspx

Whatever noteriety Krall had earned over the years for her work exploded with
this album, which became an international best-seller
and earned her a Grammy for Best Jazz Vocal Performance.
It also was the first jazz album to be nominated for Album of the Year in
twenty-five years.

※noteriety=(良い意味で)有名な人・・・・・・・辞書に載ってない 
[≠notoriety (通例、悪い意味で)有名な、悪名高い人)
note=名声(fame)
従って、noteriety=(良い意味で)有名な人、名声・・・・・・・・・・・・・か???
用法例
Sissel gained worldwide noteriety for her contribution to the 'Titanic' soundtrack.
Tracks, 'Summer Snow', 'Seven Angels', 'Snow Tales' (Ensemble Version) and 'Prayer
Song' (Ensemble Version). ----Summer Snow/SEVEN ANGELS シセル feat.ザンフィル
----------アマゾンのレビューより]
※earn=(名声、評判を)博する

Krall's crossover success followed her as she performed in
the Lilith Fair the following year and her songs cropped up everywhere from
episodes of Sex in the City to films like Midnight in the Garden of Good and Evil.

In 2001 she released The Look of Love.
http://www.dianakrall.com/music2.aspx
The album topped the Billboard charts and went quintuple platinum in Canada,
the first by a Canadian jazz artist to do so.
The Look of Love also helped Krall win three Juno awards in 2002, taking home
awards for Artist of the Year, Album of the Year and Best Vocal Jazz Album of
the Year.

※quintuple=5倍の
※quintuple platinum in Canada....カナダでプラチナ(ディスクと呼ばれる
売り上げ枚数)の5倍。
国によって違うが、プラチナディスクが100万枚なら500万枚、
プラチナディスクが10万枚なら50万枚ということになる。

Two years later, Krall issued The Girl in the Other Room.
http://www.dianakrall.com/music8.aspx
Covering a few standards, this album included original material for the first time
in her career.

~ William Ruhlmann, All Music Guide
Written by William Ruhlmann

-----------------------------------------------
公開終了
USEN、Gyao 動画  4/1(土)正午まで
「現在の女性ジャズ・シーンを代表するアーティスト、ダイアナ・クラール。この映像は、そんな彼女が2001年、フランスはパリの名門、オランピア劇場で行ったコンサートの映像である。2001年は大ヒット作『ザ・ルック・オブ・ラヴ』をリリースした年ということもあり、彼女のキャリアの中で、ひとつのピークを迎えた時期と言える。スタンダードとして有名ながら、ダイアナのレパートリーとしても馴染み深い名曲が次々と披露されている。」 (1時間50分)

【収録曲】
01.I Love Being Here With You  02.All Or Nothing 
03.Let's Fall In Love  04.The Look Of Love 
05.Maybe You'll Be There  06.Deed I Do 
07.Devil May Care  08.Cry Me A River 
09.Under My Skin  10.East Of The Sun 
11.I Get Along  12.Pick Yourself Up

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0007823/



ライヴ・イン・パリ
ライヴ・イン・パリ [DVD]

"DIANA KRALL(ダイアナ・クラール 女性ジャズボーカル)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント